超ラク!自作スリングのススメ

育児に便利な製品はたくさんありますが、自分で簡単に作れてコストパフォーマンスも厳しく、長く使えるバックアップなものがあります。それは、オリジナルスリングだ。スリングは、ベビーの抱っこひもとして取り扱うものですが、様々な抱きほうがこなせる優れものなのです。生まれたてのベビーにはハンモックのように。女のお腹の中にいた間というナチュラルコーナーを保つことができ、ぐっすりと眠れます。僅か大きくなるという、縦抱きとして全景を一緒に楽しむことができます。お先に自分の肩にわたっておけば、ベビーを抱きかかえてスリングに楽に取り入れるだけなので、外やちょい抱っこ目指す歳月なども全然スムーズだ。外食の際、児童内容いすがないお店も、普通の椅子にスリングをかけてベビーを確定やるなんてこともできます。また、授乳ケープ代わりにもなる。ベビー製品店舗も様々な分類がありますが、手芸道具ランチタイムでスリング用の金具って布を購入すれば、簡単に手作りすることができます。オリジナルは愛着が湧きますし家計を節約できます。通風が良く、丈夫な綿や麻など、2mもあれば作れます。処方箋もミシンで直線縫いするだけ(スリング内容金具を買えば処方箋がついてきます)で相当簡易。外のお昼寝時間に、3年代の幼児は今でも愛用している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする