はじめてメークアップに憧れたあの日光から

アラサー女の子の気になる単語といえば美容やコスメティックス、食通や衣料などがのぼり易いという。その他に反発があるやり方といえば個人で好みのものか世間で大きな話題になっているやり方だろう。たとえばその中に漫画品物のネーミングがあれば興味のない奴はその件を流して仕舞うだろうし、漫画好きの奴であっても誰にでも件を振ることはないはず。ただ多くのアラサー女の子のアンテナが反応するであろう単語が一門だけあるとすれば、それは今期25周年を迎えた美少女戦士セーラームーンです。社会現象になっただけにネーミングだけでもわかるお客は男女問わず多いのではないだろうか。こちらから格別追うようなことをしなくても現在様々な仕事といった合作を果たした20世代限り前奥さん陣を虜にしたその品物の着こなしは雑貨屋やコスメティックス売場、衣料ストアで見掛けるようになった。オモチャ屋ではない。もちろんオモチャ屋から現在も発売されている産物もあるが、様々な仕事と合作を果たしアラサー女の子の日常の中へといった入り込んでいる。セーラームーンの主題といえばや月収や星、大きな決心などでそれらを型どったやり方や漫画独特の絵柄入りなんて大人になり、ホビーに変化があるアラサー女の子には些か子どもっぽいかもしれない。でも昔憧れだったものは格別で、そのキラキラとしたかわゆいものを懐かしながら前もって望ましいという足を止めてしまう。懐かしさの中には情愛が詰まっています。多くのアラサー女の子は近く陣とそれを共用したり、女児だった辺りの人間を思い返すことでしょう。街角でそういう積み重ねをしたり、購入して家でノスタルジーに浸るのも大人になった恩典ともいえます。嫌でもデイリーメーキャップしなければならなくなったせわしないアラサー女の子陣。あんな女房陣において懐かしさといった可愛らしさを持つセーラームーンはちょっと特別な癒しなのではないだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする